ニセコ観光圏

ニセコエリア

■この秋・冬もニセコへ

9月6日未明に発生した平成30年北海道胆振東部地震で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
また、ニセコ町・倶知安町・蘭越町に対しても、全国よりご心配と励ましの言葉をいただきましたことに、感謝申し上げます。ニセコエリアにおきましては、幸いなことに大きな被害はなく、地震直後に停電等もございましたが、現在では解消しており、他のライフラインも地震前と変わらない状況です。飲食店や宿泊施設をはじめ、ほぼ全ての施設が通常どおり営業を行っております。
これからの季節、ニセコエリアでは紅葉が山々を彩り、新米やジャガイモ等の秋の味覚が楽しめます。紅葉が散り、雪が降るとウインターシーズンの始まりです。パウダースノーが皆様をお迎えいたします。
私たちは、皆様のご来訪を心よりお待ちしております。
ニセコでお会いしましょう!

ニセコ観光圏協議会
 ニセコ町長  片 山 健 也
 倶知安町長  西 江 栄 二
 蘭越町長   金   秀 行


Come to Niseko, both in Autumn and Winter.

We would like to express our heartfelt sympathy for all those affected by the recent earthquake that happened on September 6th.
We would also like to thank all those who expressed concern for Niseko, Kutchan, and Rankoshi in the aftermath of the earthquake. Thankfully, the Niseko Area has bounced back and power as well as other necessities have all been returned to normal. Our many restaurants and hotels have also returned to normal operation.
As always the leaves are beginning to turn and are beginning their autumnal show across the mountains. Also, in this time, the bountiful harvest Niseko has come to be known for will come into its own. We hope that you all get enjoy it for yourselves.
And once the leaves have fallen the snow shall soon follow. And a layer of powder snow will be there to welcome you.

So please, do come down to Niseko and experience everything is has to offer for yourself. We look forward to seeing you all.

Niseko Tourism Zone.

Niseko Town Mayor - Kenya Katayama
Kutchan Town Mayor - Eiji Nishie
Rankoshi Town Mayor - Hideyuki Kon




■ニセコエリア

ニセコエリアは、標高1,308mのニセコアンヌプリを頂点に連なるニセコ山系、蝦夷富士と呼ばれる日本百名山の羊蹄山などの山々に囲まれ、中央には清流日本一の尻別川が流れるなど豊かな自然が絶好の遊びのフィールドを提供してくれます。特にシーズン中、毎日のように降り積もるパウダースノーは浮遊感が高く、世界的な注目を集めています。世界的に雪不足が続いている中、その標高の低さからも「奇跡の場所」と言われています。また、名湯百選に選ばれた温泉は、泉質が豊富であることが魅力で、気軽に湯めぐりを楽しむことができます。ニセコエリアは、これらの豊富な観光資源を満喫できる各種のアクティビティやB&Bからラグジュアリーなホテルまでニーズ に合わせて選べる宿泊施設、北海道内有数の農業生産地ならではの食など、北海道の魅力を一気に満喫できる場所です。

■ニセコ観光圏とは

ニセコエリアは、ニセコ山系周辺の5つの町が連なる広大なエリアです。ニセコ観光圏は、その中心となるニセコアンヌプリの山麓にある 倶知安町、ニセコ町、蘭越町の3町で構成しています。ニセコ観光圏では、日本国内のみならず、世界各地からの観光客のみなさんに、等身大のニセコを知っていただき、楽しんでいただけるよう「NISEKO,My Extreme」を掲げ、アジア最高の国際リゾートを目指して活動しています。

■NISEKO, My Extremeの約束

○観光客に対する約束

恵まれた自然資源、様々なアクティビティへの挑戦機会、そして、ニセコ品質の施設・空間・サービスの提供を通じて、ニセコでしか体験できない究極のバカンス経験を提供します。

○住民に対する約束

多様な国々から来訪する人々の交流と、そこから生み出される文化、産業、空間を最も身近に体験できる地域を創出し、“ニセコが最高”と思える地域づくりを行います。

■NISEKO, My Extremeに向けた取り組み

○基礎的なデータの収集と公開

宿泊客数やCS、消費額といった観光地マネジメントにおいて基礎的なデータを着実に収集し、民間事業者を含む各主体へ提供し、合理的な意志決定を支援します。

○協働事業を通じたノウハウ蓄積

地域協働で行うことが求められる事業の実施を通じて、国際的リゾートに向けた地域づくりノウハウを高めると共に、協働体制を強化します。

○空間と環境のあり方についての継続的協議

国際的リゾートにふさわしい空間、環境のあり方について、継続的な協議を行い、中長期的な地域づくりへとつなげていきます。


アクセス

新千歳空港からニセコ観光圏への所要時間

JR 新千歳空港→小樽→倶知安 約2時間30分
一般道(国道276号・美笛峠経由)を利用
高速道路(札幌・小樽経由)を利用
約2時間30分
約3時間00分
バス 一般道(国道276号・美笛峠経由)を利用、
冬期間(12月-3月)のみ運用
約3時間00分

札幌からニセコ観光圏への所要時間

JR 札幌→小樽→倶知安 約2時間30分
高速道路(札幌西I.C・朝里経由)を利用、
一般道(国道393号)を利用
一般道(国道230号)を利用
約2時間00分

約2時間30分
高速バス 高速道路(札幌西I.C・朝里経由)を利用、
一般道(国道5号)を利用
約2時間40分

函館からニセコ観光圏への所要時間

JR 函館→長万部→倶知安 約4時間00分
一般道(国道5号)・高速道路(大沼・黒松内経由)を利用 約3時間00分

運営

一般社団法人 ニセコプロモーションボード
北海道虻田郡倶知安町樺山41-5 サンスポーツランドくっちゃん内
URL:http://www.nisekotourism.com/
倶知安町観光課
北海道虻田郡倶知安町樺山41-5 サンスポーツランドくっちゃん内
URL:http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/
ニセコ町商工観光課
北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
URL:http://www.town.niseko.lg.jp/
蘭越町商工労働観光課
北海道磯谷郡蘭越町258番地5
URL:http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/